医療法人社団福山市 糖尿病内科 | 渡邉内科クリニック
掲載記事

Q&A 第44回〈運動療法①〜解明されつつある運動で血糖値が下がるメカニズム〜〉

2013年01月25日

 摂取した炭水化物は、腸でブドウ糖として吸収された後、膵臓から分泌されるインスリンの働きにより、ブドウ糖の半分は、肝臓にグリコーゲンとして貯蔵され、残りは筋肉や脂肪組織に取り込まれて脂肪の材料、あるいは、エネルギーとして消費されます。

 筋肉へのブドウ糖の取り込みには、GLUT4と呼ばれる糖輸送担体が重要で、インスリンが筋肉や脂肪細胞に作用するとGLUT4が細胞表面に出てきてブドウ糖を細胞内に取り込ませます。従って、インスリンは、摂取した炭水化物を、血糖値として上昇させることなく利用する上で、非常に大切です。しかし、多くの糖尿病患者さんでは、肥満などが原因で、肝臓や筋肉などでインスリンの作用が低下し、食後を中心に高血糖状態になります。

 それでは、運動はなぜ血糖値を下げるのでしょうか?慢性効果としては、当然、エネルギー消費によって脂肪分解が進み、肥満やインスリン抵抗性を解除できることのメリットがあります。しかし、特にインスリン注射をしている糖尿病患者さんは、運動することで、急激に血糖値が低下していくことを経験しているはずです。実は、この運動による急性効果は、筋肉が収縮することによって筋肉におけるAMPキナーゼと呼ばれる分子が活性化し、インスリンの作用とは全く無関係にGLUT4を細胞表面に出すことで筋肉に糖を取り込ませます。筋収縮が、インスリン非依存的に血糖値を下げるメカニズムは、最近になってわかってきました。

 ですので、運動療法は、言わばインスリン作用を肩代わりするという、非常にありがたい効果をもたらしてくれるため、インスリン作用が低下した糖尿病患者さんを治療していく上で、食事療法と同様に非常に重要になるわけです。

 

内科・糖尿病内科・消化器内科・肝臓内科 医療法人社団渡邉内科クリニック

糖尿病専門医・総合内科専門医
院長/医学博士 渡邉昌樹
消化器病専門医・消化器内視鏡専門医・肝臓専門医・総合内科専門医
副院長 渡邉純代
糖尿病療養指導士 4名
〒720-0822
広島県福山市川口町4丁目12番37号
TEL 084-920-2327
受付時間
9:00〜12:30/14:30〜18:00
駐車場32台 ※医院北側に第2駐車場もございます。
診療時間
9:00〜12:30 -
14:30〜18:00 - -
※最終受付は17:45です。
※土曜日の午後は予約外来(17:00まで)です。
 定期受診時にご相談ください。
休診日
水曜午後/日曜・祝日
  • 月が変わりまして最初にご来院の際は必ず保険証をご持参ください。
  • お約束時間をやむをえず変更される場合は、お早めにご連絡ください。
  • 副院長の診察日は木曜日と土曜日です。