医療法人社団福山市 糖尿病内科 | 渡邉内科クリニック
掲載記事

Q&A 第40回〈カーボカウントとは?〉

2012年09月26日

カーボカウントとは、血糖値にもっとも影響を与える炭水化物に着目した新しい食事療法のひとつで、食事中の炭水化物量を計算することで、血糖値を調節しようという考え方です。食事内容に制限の多い従来の食品交換表を用いた食事療法は、やや複雑で難しい印象でしたが、カーボカウントは食事中に含まれる脂質、蛋白質を基本的には無視するので、心理的ストレスが軽減し、食事の自由度が大きくなり、特にインスリン注射をしている患者さんでは、低血糖が減り、血糖コントロールが改善するので、有効な治療法とされています。

カーボカウントには基礎と応用の2種類があります。基礎カーボカウントは、1日の必要摂取エネルギーのうち、55〜60%を炭水化物で摂るようにし、その炭水化物量を1日の食事で上手に分配して摂り、ほぼすべての糖尿病患者さんが行うことができます。応用カーボカウントは、過食や栄養バランスに注意しながらも、食事は自由に摂ってもらい、食事中の炭水化物量に応じて、食前に注射するインスリン量を計算するので、強化インスリン療法中の1型糖尿病やインスリン依存の状態に近い2型糖尿病、膵疾患による糖尿病患者さんなどが中心となります。当院でも、血糖値の変動幅が大きい患者さんに、応用カーボカウントを導入していますが、多くのひとに改善が認められています。

ただ、カーボカウントにはデメリットもあり、単純炭水化物と複合炭水化物の質を問わず、グラム数で決めることや、同じ材料、グラム数であったとしても、調理法によって、血糖値の上昇が違ってきたりします。また、食事の内容に応じて、自分でインスリンの量を調節するので、偏った食事になりやすい傾向があります。

ですので、当院では、自己管理能力が必要となるカーボカウントを導入し、慣れるまでの間は、糖尿病療養指導士の資格を持ったスタッフと協力し時間をかけて、治療をすすめるようにしています。

 

内科・糖尿病内科・消化器内科・肝臓内科 医療法人社団渡邉内科クリニック

糖尿病専門医・総合内科専門医
院長/医学博士 渡邉昌樹
消化器病専門医・消化器内視鏡専門医・肝臓専門医・総合内科専門医
副院長 渡邉純代
糖尿病療養指導士 4名
〒720-0822
広島県福山市川口町4丁目12番37号
TEL 084-920-2327
受付時間
9:00〜12:30/14:30〜18:00
駐車場32台 ※医院北側に第2駐車場もございます。
診療時間
9:00〜12:30 -
14:30〜18:00 - -
※最終受付は17:45です。
※土曜日の午後は予約外来(17:00まで)です。
 定期受診時にご相談ください。
休診日
水曜午後/日曜・祝日
  • 月が変わりまして最初にご来院の際は必ず保険証をご持参ください。
  • お約束時間をやむをえず変更される場合は、お早めにご連絡ください。
  • 副院長の診察日は木曜日と土曜日です。