医療法人社団福山市 糖尿病内科 | 渡邉内科クリニック
掲載記事

コロナ禍での糖尿病患者さんの心構え

2020年05月02日

 新型コロナウイルスを発症した場合の死亡率は、一般的には2%程度と言われていますが、基礎疾患があると死亡率は上昇、中でも、糖尿病患者さんは、心疾患のある患者さん(10%)に次いで2番目に死亡率が高い(7%)という海外データがあります。
 なぜ、糖尿病患者さんはこんなに重症化しやすいのでしょうか。それには「免疫能」が影響しているのです。我々が持っている免疫能は、2種類あります。ひとつは「液性免疫」と呼ばれるもので、特定の病原体に対する抗体を作って戦おうとするものです。しかし、抗体は感染してから2~3週間くらいしないと自分の体内で作れませんので、コロナの増殖の速さに追い付けず、重症化してしまいます。ワクチンは、抗体がすぐ作れるように準備する手段ですが、これも完成までに1年以上と言われています。従って、残念ながら現時点では、液性免疫は無力なのです。
 一方、我々の白血球は、病原体があるとみるや、それに近づいて(遊走)、食べよう(貪食)とする能力があります。これは「細胞性免疫」と呼ばれるもうひとつの免疫能です。現在、コロナ重症化予防のために細胞性免疫を高めるBCG接種の治験が世界中で注目されているようですが、この細胞性免疫こそが重要なのです。ところが、糖尿病はこの肝心要の細胞性免疫を低下させてしまうのです。具体的には、高血糖(250~300mg/dl以上)になりますと、白血球の遊走能や貪食能が低下すると考えられますのでHbA1c7.5%未満にしておく必要があります。
 この細胞性免疫を高めるには、➀緑黄色野菜や果物からのビタミン摂取(南瓜や果物の過剰摂取は血糖を悪化させるので、適正量に留めましょう)、➁適度な運動、➂十分な睡眠が不可欠です。
 従って、糖尿病患者さんに置かれましては、仮にコロナに感染しても重症化しないために、血糖の適正化は無論のこと、これらの生活習慣の改善に努めて細胞性免疫を日頃から高めておくことが大切です。これがコロナ禍を乗り切るための心構えであると言えます。

内科・糖尿病内科・消化器内科・肝臓内科 医療法人社団渡邉内科クリニック

糖尿病専門医・総合内科専門医
院長/医学博士 渡邉昌樹
消化器病専門医・消化器内視鏡専門医・肝臓専門医・総合内科専門医
副院長 渡邉純代
糖尿病療養指導士 4名
〒720-0822
広島県福山市川口町4丁目12番37号
TEL 084-920-2327
受付時間
9:00〜12:30/14:30〜18:00
駐車場32台 ※医院北側に第2駐車場もございます。
診療時間
9:00〜12:30 -
14:30〜18:00 - -
※最終受付は17:45です。
※土曜日の午後は予約外来(17:00まで)です。
 定期受診時にご相談ください。
休診日
水曜午後/日曜・祝日
  • 月が変わりまして最初にご来院の際は必ず保険証をご持参ください。
  • お約束時間をやむをえず変更される場合は、お早めにご連絡ください。
  • 副院長の診察日は木曜日と土曜日です。