医療法人社団福山市 糖尿病内科 | 渡邉内科クリニック
掲載記事

Q&A 第5回 〈新世代の画期的な糖尿病治療薬インクレチンとは?〉

2009年10月23日

日本人はインスリン分泌能が弱く、糖尿病を発症した時点で、膵ベータ細胞機能は約50%まで低下しているとも言われており、SU剤(スルホニル尿素薬)やインスリン注射を必要とされる患者様が多いのが現状です。
 そんな中、新たな経口血糖降下薬、注射薬であるインクレチンという新薬が来年登場する予定です。インクレチンとは、小腸から分泌される消化管ホルモンで、膵臓からのインスリン分泌を促す作用や、血糖上昇作用があるグルカゴンというホルモンの分泌を抑える作用を併せ持つことによって血糖を下げます。
 インクレチンには、その他にもいろいろな作用があることが判明しており、例えば、胃の動きを抑制して食欲を抑える作用、膵臓でインスリンを作って分泌する細胞であるβ細胞を増殖させる作用などであり、これらは、いずれも糖尿病患者さんには非常に好都合な作用でもあるわけです。
 従来のSU薬やインスリンでありますと、どうしても過剰投与による低血糖が心配なのですが、インクレチンは血糖が高いときだけ作用するので低血糖の心配がありません。
 インクレチンは基本的には注射薬ですが、インクレチンの作用を高める経口血糖降下薬と合わせて、この2種類の新薬が来年登場し、糖尿病治療も新たな展開を見せていくと思います。
 当クリニックでは、これらの最新の薬も安全にかつ有効に使用してもらうよう準備しておりますので、興味のある方は相談ください。

内科・糖尿病内科・消化器内科・肝臓内科 医療法人社団渡邉内科クリニック

糖尿病専門医・総合内科専門医
院長/医学博士 渡邉昌樹
消化器病専門医・消化器内視鏡専門医・肝臓専門医・総合内科専門医
副院長 渡邉純代
糖尿病療養指導士 4名
〒720-0822
広島県福山市川口町4丁目12番37号
TEL 084-920-2327
受付時間
9:00〜12:30/14:30〜18:00
駐車場32台 ※医院北側に第2駐車場もございます。
診療時間
9:00〜12:30 -
14:30〜18:00 - -
※最終受付は17:45です。
※土曜日の午後は予約外来(17:00まで)です。
 定期受診時にご相談ください。
休診日
水曜午後/日曜・祝日
  • 月が変わりまして最初にご来院の際は必ず保険証をご持参ください。
  • お約束時間をやむをえず変更される場合は、お早めにご連絡ください。
  • 副院長の診察日は木曜日と土曜日です。