医療法人社団渡邉内科クリニック
掲載記事

Q&A 第4回 〈重篤な低血糖を起こしてしまうインスリン・内服治療は要注意〉

2009年09月25日

インスリン治療や内服薬のSU薬(インスリン分泌促進薬)の主な副作用は低血糖です。少なくとも60mg/dl以下の場合を低血糖症といいます。あまりに重篤な低血糖を起こしていると血糖閾値が下がるため、無自覚低血糖を誘発し、突然意識を失うこともあり得ます。
 また、低血糖に関して驚く臨床調査結果がありました。糖尿病歴が約10年以上、既往に心臓病があったり、肥満、喫煙、高血圧、高脂血症などの動脈硬化をすすめる危険因子が2つ以上ある高リスクの患者様が、HbA1c6%未満で積極的にコントロールされた場合には、血糖値を低くすることで逆に死亡率が高いことが分かったのです。
 要するに必ずしもHbA1cを下げる治療が正しい、とは限らないということです。むしろ、心臓、脳血管病変のリスクが高いひとは、低血糖を起こさないようHbA1cの目標値が7.0%に引き上げられました。また、低血糖を引き起こしやすいインスリン製剤やSU薬がある中で、持続型インスリン1回注射と内服薬の併用療法が有効であることがわかってきました。これは、なるべく少量のインスリンを投与することで、低血糖や体重増加を少なくできる、画期的な治療法です。
 当院でも、やみくもに何回も注射するのではなく、まずは1回の持続型インスリン注射に切り替え、低血糖や体重増加を抑え、良好な血糖コントロールをまず目標にする治療から開始することを心掛けています。
 

内科・糖尿病内科・消化器内科・肝臓内科 医療法人社団渡邉内科クリニック

糖尿病専門医・総合内科専門医
院長/医学博士 渡邉昌樹
消化器病専門医・消化器内視鏡専門医・肝臓専門医・総合内科専門医
副院長 渡邉純代
糖尿病療養指導士 4名
〒720-0822
広島県福山市川口町4丁目12番37号
TEL 084-920-2327
受付時間
9:00〜12:30/14:30〜18:00
駐車場32台 ※医院北側に第2駐車場もございます。
診療時間
9:00〜12:30 -
14:30〜18:00 - -
※土曜日の午後は予約外来(17:00まで)です。
 定期受診時にご相談ください。
休診日
水曜午後/日曜・祝日
  • 月が変わりまして最初にご来院の際は必ず保険証をご持参ください。
  • お約束時間をやむをえず変更される場合は、お早めにご連絡ください。
  • 副院長の診察日は木曜日と土曜日です。