医療法人社団福山市 糖尿病内科 | 渡邉内科クリニック
掲載記事

Q&A 第11回 〈糖尿病三大合併症〜網膜症(眼合併症)とは〜〉

2010年04月30日

糖尿病網膜症は血糖コントロール不良の状態(HbA1c7%以上)が続くことにより、網膜の血管が侵される病気で、中途失明の原因の本邦第一位という恐ろしい合併症です。
 糖尿病を発症してから、早いひとで、5年を経過しないうちに網膜症を併発し、20年で約80%の患者が糖尿病網膜症になると言われています。
 網膜症は進行のレベルにより、網膜症なし(正常)、単純網膜症(軽症)、増殖前網膜症(中等症)、増殖網膜症(重症)の4つの病期があります。
 増殖前網膜症の状態までは、ほとんど自覚症状はありません。すなわち、網膜症はかなり進行するまで自覚症状がないため、早期発見、早期治療のためには、定期的な眼科受診が必要不可欠なのです。
 増殖前網膜症や増殖網膜症になると、レーザー治療や硝子体手術が必要となってきます。また、眼科の先生に一生懸命治療して頂いても、内科的治療が悪ければ、再び、眼の症状は悪化していくので、HbA1cは、余裕をもって、6.5%未満に保ち、血圧や脂質管理もしっかり行っていく必要があります。
 糖尿病治療を放置し、長年経過しているひとの場合、急速に血糖値を下げると、逆に網膜の症状が悪化するひともいますので、積極的な内科的治療を始める前には、必ず眼科を受診して頂かなければなりません。
 また、糖尿病を原因とする眼の病気、いわゆる糖尿病眼合併症は網膜症以外にも様々あります。
 最も頻度が高いのは白内障で、若い糖尿病患者が増えているため、20歳代から白内障の治療を受けるひともいます。その他、視力に最も影響が出る黄斑症や、緑内障、角膜症、近視や遠視などの屈折・調節異常なども起こります。
 眼科を受診する際は、内科医と眼科医が眼合併症の情報を共有するために、糖尿病眼手帳を活用するようにしてください。
 また、眼底検査を受ける際に、点眼薬で散瞳させるため、検査後は普段より眩しく感じ、周りが見えづらくなります。自転車、バイク、車での受診は危険ですので、移動手段に関しては、十分注意してください。

内科・糖尿病内科・消化器内科・肝臓内科 医療法人社団渡邉内科クリニック

糖尿病専門医・総合内科専門医
院長/医学博士 渡邉昌樹
消化器病専門医・消化器内視鏡専門医・肝臓専門医・総合内科専門医
副院長 渡邉純代
糖尿病療養指導士 4名
〒720-0822
広島県福山市川口町4丁目12番37号
TEL 084-920-2327
受付時間
9:00〜12:30/14:30〜18:00
駐車場32台 ※医院北側に第2駐車場もございます。
診療時間
9:00〜12:30 -
14:30〜18:00 - -
※最終受付は17:45です。
※土曜日の午後は予約外来(17:00まで)です。
 定期受診時にご相談ください。
休診日
水曜午後/日曜・祝日
  • 月が変わりまして最初にご来院の際は必ず保険証をご持参ください。
  • お約束時間をやむをえず変更される場合は、お早めにご連絡ください。
  • 副院長の診察日は木曜日と土曜日です。