医療法人社団福山市 糖尿病内科 | 渡邉内科クリニック
掲載記事

Q&A 第8回 〈運動療法で最も大事なことは継続すること〉

2010年01月29日

運動療法は継続すること、すなわち、コンスタントにマイペースを身につけることが一番重要だと思います。
 一般的に効果的な運動のやり方としては、散歩でしたら、その人の体力に応じて1日に15分から60分程度、食後1時間から2時間ぐらいに、週3から5回とし、間隔をあけないようにするのが適当です。少し息が弾む程度の強度が必要です。筋力強化などの無酸素運動と、徒歩、自転車などの有酸素運動を組み合わせるのもいいでしょう。
 今回の質問以外にも、運動は1日2回に分けたほうがいいか、1回で長くやったほうがいいかという質問も多いですが、最終的にはそのひとのライフスタイルに合わせて、継続できることが一番大切だと思います。
 運動量については1日単位でなく1週間単位で考えてもらって構いません。
 早朝、空腹時に運動する場合に注意することとしては、糖尿病のひとは高血圧などを合併していることが多いのですが、とくに早朝に血圧が上がるひとは、今の季節のように気温が低いとさらに血圧が上昇し、脳卒中や狭心症、心筋梗塞を起こしやすくなります。凍結などで転倒なども注意しなければなりません。
 また、薬物治療を行っているひとは、低血糖の心配があります。運動をする前に糖質を少量摂取しておいた方がいいでしょう。
 運動の効果は、運動開始後しばらくしてから現われますが、運動を中止後、3日から10日くらいで消失しています。寒くなると、どうしても閉じこもりがちになり、果物やおもちを食べてしまい血糖コントロールが悪くなってしまう時期ですが、雪が降り積もる北国で生活されている糖尿病のひとに比べれば、備後地域はまだ恵まれているかも知れません。寒い時期には、一日のうちで暖かい時間帯に、暖かい装いで運動療法を続けてもらえればと思います。

 

内科・糖尿病内科・消化器内科・肝臓内科 医療法人社団渡邉内科クリニック

糖尿病専門医・総合内科専門医
院長/医学博士 渡邉昌樹
消化器病専門医・消化器内視鏡専門医・肝臓専門医・総合内科専門医
副院長 渡邉純代
糖尿病療養指導士 4名
〒720-0822
広島県福山市川口町4丁目12番37号
TEL 084-920-2327
受付時間
9:00〜12:30/14:30〜18:00
駐車場32台 ※医院北側に第2駐車場もございます。
診療時間
9:00〜12:30 -
14:30〜18:00 - -
※最終受付は17:45です。
※土曜日の午後は予約外来(17:00まで)です。
 定期受診時にご相談ください。
休診日
水曜午後/日曜・祝日
  • 月が変わりまして最初にご来院の際は必ず保険証をご持参ください。
  • お約束時間をやむをえず変更される場合は、お早めにご連絡ください。
  • 副院長の診察日は木曜日と土曜日です。